塗る順番を守る│コンシーラーでシミは消して綺麗な肌を演出

化粧品としても使える

化粧する女性

化粧品に分類されるまつげの美容液と育毛剤には、配合されている成分に違いが見受けられます。まつげの本数が少ない・コシがないなどの健康に保ちたい悩みに対して使用したいのが育毛剤で、一方、艶や伸びなどの美容目的では美容液が使用できます。アイメイクやエクステンションなどによってまつげに負担が加わり、頭髪同様に抜けやすいため、育毛剤には植物エキスやペプチドなどが配合され、毛根に栄養を与えて発毛を促してくれます。まつげに着目した化粧品ですが、取扱い方によっては目の充血や目のかゆみなどを招く場合や、時には有効成分が皮膚に付着して色素沈着になりやすい場合もあり、目元のシミに繋げないためにも塗布の仕方にも注意が必要です。

まつげの育毛剤の選び方や有効成分のコーティングの工夫次第で、育毛の効果だけではない様々なメリットが得られます。例えば、美容成分配合のアイラッシュを使うことで、潤いある艶やかな美容に特化したまつげを育むことが可能です。また乾燥しやすい冬の時期には、毛髪がギシギシとしたテクスチャで乾燥するように、まつげも同様に乾燥し、ハリやコシのなさに繋がってしまいます。保湿成分が配合されている育毛剤も多く、根元から塗布することで伸ばすだけではなく乾燥ダメージからも守ることで健康にも導くことが可能です。さらに乾燥同様、紫外線対策にも効果的で、紫外線ダメージによってキューティクルが剥がれやすくなり、バサバサとした潤い不足を招きやすく、アイメイク前の下地として塗布することでダメージを防ぐことが可能です。